【痩せるためのルール】ダイエット中の食事内容で結果が変わる

スポンサーリンク
食事
スポンサーリンク

ダイエットを成功させるためにはトレーニングなどの運動と食事内容が重要になってきますが、ダイエット中の食べ物って何を食べたらいいの?そんなあなたにダイエットに効果的な食べ物や逆にNGな食べ物など説明していきます。

スポンサーリンク

ダイエット中の食べ物

ダイエットといえば食生活を野菜中心にしたりトレーニングを始めたり生活習慣から見直しされる方も多いと思いますが、ダイエットの知識がないまま低カロリーの食べ物ばかり食べてたり栄養が偏った食生活をしてしまうとせっかくのダイエットも逆効果になってしまう可能性もあります。

健康的にダイエットするためにはダイエット中でも食べて効果が出る食べ物と効果が出るどころか逆効果の食べ物があります。ダイエットをお考えなら食事から見直して健康的に脂肪を燃焼させていきましょう。

ダイエットに効果的な食事内容とは?

食事を見直すのはわかったけど、何を食べたらいいの?ダイエット効果がある食べ物をご紹介していきます。

◆肉類

肉類はダイエット中でも適している食材で、中でも牛肉や豚肉などの赤身は、タンパク質を豊富に含んでいる食材なので、筋肉を作ってくれるので代謝が上がり太りにくい体を作ることができます。ダイエットでお馴染みの鷄のササミや胸肉にも豊富なタンパク質が含んでいますので野菜と一緒に食べるとおすすめです。

◆野菜類

ダイエットの食事といえば野菜と連想できる食材ですが、その中でも色が濃いトマトやパプリカやほうれん草などの緑黄色野菜がおすすめです。

ビタミン類も豊富に含んでいますので、美容効果もあり、えりんぎや椎茸などのキノコ類は低カロリーで食物繊維を多く含んでいるのでダイエットには最適な食材です。

◆魚類

マグロや鮭、特に青魚である鯖やイワシに豊富に含んでいるオメガ3には脂質やコレステロールを下げる役割があり、代謝を上げる効果があります。

魚類の中でもイカはタウリンが豊富に含んでいるので、脂肪を燃焼する効果があります。

◆大豆製品

豆腐、豆乳、納豆などの大豆製品は低カロリーでタンパク質も含んでおり、美容効果もあるのでダイエットには最適な食材です。

◆海藻類

わかめ、昆布、もずく、ひじきなどに含んでいる滑り成分は、脂肪の吸収を抑える効果があるので色々な食事と合わせて食べることをおすすめします。

◆果物類

果物は糖質が多く含まれているので、ダイエットには懸念されがちですがダイエットに向いている果物であればいちごかグレープフルーツです。いちごには血糖値の上昇を抑えたりコレストロールの数値を下げる効果があります。

グレープフルーツには、香りで食欲を抑制する効果もありますが、脂肪の分解をサポートする効果もあります。

◆その他の食材

高タンパクな食材なら万能な栄養を含んでいるゆで卵がらおすすめです。

脂質を取るなら脂肪の分解をサポートするナッツ類がおすすめです。食間にお腹が減った場合は、ナッツ類を食べると栄養も摂取出来ますし食べ応えがあるので満腹感を得ることができます。

腸内環境を整えるためにヨーグルトを食べると、朝やおやつがわりにできます。脂肪の燃焼をサポートする温めた生姜も寝起きや寝る前にに紅茶などと一緒に飲むことで体が温まるのでおすすめです。

ダイエット中に食べてはいけない物

ダイエット中には食べたいけど我慢しないといけない物を見ていきます。

◆甘いケーキやお菓子

ダイエット中には天敵の糖質が大量に含んでいるので油断して食べているとせっかくのダイエットが台無しです。どうしても我慢できない場合でも少量に留めておきましょう。

◆唐揚げなどの揚げ物

色々な食材を揚げて食べると美味しいですが、油を使うので高カロリーですので食べすぎに注意しましょう。

◆根菜類

さつまいも、じゃがいも、レンコンなどの根菜類は思っているより糖質が豊富に含んでいますので食べすぎると脂肪が蓄積されていきますので注意が必要です。

◆ファーストフード

手軽に食べれて美味しいですが、高カロリーで脂質が多い食べ物が多いです。脂質も多く味も濃いので脂肪がつきやすいので注意が必要です。

◆糖質の多い果物類

ダイエットにはバナナやリンゴなど言われていますが、糖質を制限するダイエットには逆効果になる可能性があるので注意が必要です。

ダイエットは食事の食べ方や選び方が効果的

いくらダイエットに向いている食材だとしても、食べ方を間違えてしまうと逆に太ってしまう可能性があります。正しい食べ方で効果的にダイエットをしましょう。

食生活はバランスの取れた食事

ダイエットだからと言って食事を取らないことは逆効果です。規則正しい生活とバランスのとれた栄養のある食事を3食食べることです。どんなにダイエット効果がある食材でも、栄養を偏って摂取すると意味がないので控えましょう。

生野菜より温野菜を食べる

野菜はダイエットにはとても効果的でメリットも多いですが、生野菜ばかり食べると体を冷やしてしまい代謝が下がってしまうデメリットもありますので、温野菜やスープなどで野菜を食べることをおすすめします。

添加物の少ないものを選ぶ

ダイエットによく食べられているナッツ類やグラノーラ、ドライフルーツでは小腹が減った時に食べられてますが、添加物が多く含んでいると高カロリーになりますので添加物が少ないものを選びましょう。

食べすぎに注意する

ダイエットに限って言えることではないですが、食事は腹8分目にしましょう。摂取カロリーを計算しながら食事すると計画的にダイエットをすることができます。

ダイエットに効果的!太りにくい食べ方と時間帯

ダイエットをするならトレーニングも大切ですけど同じ食事をしても食べ方やタイミングを変えるだけで結果は大きく変わってきますので意識することが大切です。

◆食事するときは野菜から食べるようにする

空腹状態のまま、肉類や脂質が多い食材を食べてしまうのはNGです。カロリーの低い野菜からスープから食べるようにして炭水化物は出来るだけ食事の後半に食べるようにしましょう。そうすることでお米などの炭水化物を食べる前に満腹感を得ることができるので食べすぎ予防にも繋がります。

◆間食を減らして夕食は18時までにとる

ダイエット中は空腹との戦いで色々な欲求があるかと思いますが、そんなときは食べる時間を意識しましょう。1日の中でも太りにくい時間帯があり、14時から16時が食事をしてももっとも太りにくい時間帯だと言われていますので、空腹が我慢出来ないときはこの時間帯に食事をすることをおすすめします。

夜遅くに食事をしてしまうと、そのあとに消費するエネルギーが少ないので、脂肪が燃焼されにくく、蓄積されていきやすくなります。寝る前にのエネルギー摂取はあまり必要ないので、どうしても空腹のときはスープなどの消化にいいものをおすすめします。

まとめ

ダイエットに効果的な食材もあればNGな食材があることを意識するだけで結果は大きく変わってきます。どの食材を食べるのか?どのタイミングで食べるのかを意識しながら理想の体を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました