筋トレメニューをジムですることの効果

スポンサーリンク
筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジムでどのマシンをつかったらいいの?

フィットネスジムに行くと色々なマシンやウエイトがあるので「どれを使ったらいいのかわからない」って思われたことないですか?そこでおすすめのトレーニングメニューをご紹介していきます。

ジムでトレーニングするメリット

筋トレのメニューはジムで効果的

効率的に筋肉をつけるトレーニングを行うためには、鍛えたい部位に適切な負荷をかける必要があります。自重トレーニングでも負荷をかけることはできますが、フィットネスジムなどに置かれているマシンやウエイトを使うことで筋肉により良い負荷を与えることが出来るので効率的なトレーニングを行うことができます。また、周りにも同じ目的で頑張っている人が多いのでモチベーションが保たれて習慣化しやすいことも特徴としてあります。

ショップジャパン 【公式】 健康ステッパー ナイスデイ レッド [メーカー保証1年] 踏み台 運動 室内 エクササイズ 有酸素運動

ショップジャパン 【公式】 健康ステッパー ナイスデイ レッド [メーカー保証1年] 踏み台 運動 室内 エクササイズ 有酸素運動

ジムでトレーニングするデメリット

フィットネスジムでのデメリットをあえて上げるとしたら金銭的負担になります。逆に、金銭が発生しているから頑張ろう!とモチベーションの一つになることもあります。継続しない理由で多いのが「めんどくさくなった」「時間がない」「ジムまで遠い」なので通いやすいフィットネスジムを選ぶことが大切になってきます。

筋トレを行う時は3つの部位を意識して効率よくトレーニング

筋肉を大きくするためにトレーニングを行う際に、効率よく筋トレをするためには部位を分けて超回復を意識しながらすると効率よく筋肉をつけることができます。

上半身の押すための筋肉

  • 大胸筋

大胸筋はベンチプラスやダンベルプレスなど腕を前に押し出したり、腕を前の方に閉じるための筋肉です。

  • 三角筋

三角筋は腕を前や横に上げるための筋肉です。

  • 上腕三頭筋

上腕三頭筋は腕を伸ばすためにつかう筋肉です。

上半身の引くための筋肉

  • 僧帽筋

僧帽筋は下から腕を引いたり、肩甲骨を引き寄せる筋肉です。

  • 広背筋

広背筋は前や上から引き寄せる筋肉です。

  • 上腕二頭筋

上腕二頭筋は肘を曲げる筋肉です。

体幹

体幹は体のバランスや体を支えてくれる役割があります。いくつかの体幹に該当する筋肉になります。

  • 腹直筋

腹筋は4つの部位に分かれており、それぞれの鍛え方が変わってきますが体を曲げたり回したりするための筋肉です。

  • 長背筋群

長背筋群は、体を伸ばしたり姿勢を維持する筋肉です。

  • 腸腰筋群

腸腰筋群は脚を前に持ち上げる筋肉です。徒歩や階段を上るときにつかう筋肉です。

  • 臀筋群

臀筋群は、脚を後ろに持ち上げる時につかう筋肉です。

下半身

下半身は、上半身よりも筋肉量が多く、鍛えることで基礎代謝が上がるためダイエットを始めるのなら重点的にトレーニングをすると効果が出やすい部位です。

  • 大腿四頭筋

大腿四頭筋は、膝関節を伸展させる筋肉です。

  • ハムストリング

ハムストリングスは、膝関節を屈曲させます。

  • 下腿三頭筋

下腿三頭筋は、ふくらはぎの筋肉で足首を伸ばす時に働きます。

ジムでのトレーニングの適切な周期

筋トレメニューはジムが効果的

筋肉トレーニングは、やみくもに毎日行えば効果が出るものではありません。効率良くトレーニング効果を得るには、トレーニングの間に適切な休息を挟むことが重要になります。トレーニングを行った場合には、必ず休日を挟み、毎日行う場合には部位を変えて行い、超回復の時間を24時間〜72時間は空けるようにしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました