爆痩せする筋トレメニュー!ジムでのトレーニング

スポンサーリンク
筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

爆痩せするなら筋トレから!ジムでのダイエットメニュー

ダイエットをして痩せようと考えている人が1番先に思いつくのはマラソンや散歩などの場合が多いと思いますが、実は筋トレと併用して有酸素運動を行うことで効率よく脂肪を燃焼させることができるのです。

有酸素運動とは?

そもそも有酸素運動とはどのようなものなのか?マラソン・ジョキング・ウォーキングなど一定の心拍数を維持することで酸素を取り入れ、糖質や脂肪をエネルギーに変えて脂肪を燃焼させる運動のことを有酸素運動と言います。

無酸素運動とは?

無酸素運動とはウエイトトレーニングなど重量を扱ったり、短距離走のように、短時間で糖質を消費して行うトレーニングのことを無酸素運動と言います。

有酸素運動と無酸素運動の違いとは?

有酸素運動はゆったりとした運動を長時間行うことで脂肪を燃焼させる効果がある運動に対して、無酸素運動は負荷が高い運動などを短時間で行うものです。なのでマラソンやウォーキングなどは有酸素運動になり、短距離走などは無酸素運動になりますね。

 脂肪が燃焼される有酸素運動の方が、一見減量やダイエットを行う上でメリットがありそうに思えますが、実はそうでもなく、無酸素運動には有酸素運動にはないメリットがたくさんあります。

無酸素運動のメリットとは?

基礎代謝をあげれる

無酸素運動で筋肉が多くついてくると、基礎代謝が上がるので運動をしなくても勝手に消費してくれるエネルギーが増えてきますので、有酸素運動と組み合わせることで脂肪を短期的燃焼+長期的燃焼できるので効率的に減量やダイエットを行うことができます。

かっこいい体になる

とくに社会人の方はスーツをきている人が多いと思いますが、筋トレを行っている人は、はっきりといえばスーツの着こなしがかなりかっこよくなります!また、タイトな服も似合うようになるので服を見せることから自分の筋肉を服として見せることができるので女性から持てる可能性が高くなります。

メンタルが強くなる

自重トレーニングやウエイトトレーニングを行うことで、常に自分の限界にチャレンジすることができるので成長がシンプルにわかりやすいと思います。その成長が自分の自信につながるので精神的に強くなるメリットがあります。

痩せる体は食事から見直しましょう

 成人男性で1日の摂取カロリーが約2,600カロリーと言われています。ただ、カロリーを取らない=痩せるではないので食事は計画的に摂取することが重要になってきます。

痩せるためにはたんぱく質の摂取が必須!

そもそもなぜたんぱく質が必須なのか?筋トレ後にはプロテインを飲んでいるイメージってないですか?なぜトレーニングをしている人がプロテインを飲んでいるかといいますと、筋肉を成長させるにはたんぱく質やアミノ酸が必要だからです。なので筋トレを行っていてもたんぱく質やアミノ酸が不足していれば当然のごとく筋肉がつくはずがありません。たんぱく質やアミノ酸は筋肉だけではなく、人間の髪の毛や細胞の修復など様々な部分で使われる栄養素なので積極的に摂取していきましょう。

 また、タンパク質と合わせてビタミンやミネラルを同時に摂取することでタンパク質の吸収率が上がるので効率的な効果が得られます。

筋肉を維持するためのたんぱく質の摂取量は?

1日の食事のなかで効率的にたんぱく質の摂取ができているのであればプロテインを飲む必要性はありませんが、現代の日本の食事では糖質や油分が多いため、不必要なものまで摂取してしまう可能性が高いので効率よくたんぱく質を摂取するためにプロテインを飲んでいる人が多いのはそのためです。トレーニングを行った後にプロテインを飲む場合、「自分の体重×1.5g」は摂取するようにしましょう。 

まとめ

引き締まった体を目標にしているなら、筋トレをしてからジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をすることで効率的にする脂肪燃焼させることができます。もちろん、トレーニング後のタンパク質やビタミンなどの摂取をすることで理想の体を手に入れることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました