有酸素運動vs無酸素運動!痩せるのは結局どっち!?

スポンサーリンク
ダイエット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋トレとランニングではどちらが痩せるのか?

ジョキング

皆さんかっこいい体を作るために筋トレなどの無酸素運動やランニングなどの有酸素運動などを取り組んでいると思いますがダイエットをするなら筋トレなどの無酸素運動かランニングなどの有酸素運動ならどちらのほうが効率的に脂肪の落とすことができダイエットに繋がるのか説明していきます。

 そもそも脂肪はどのように燃焼するのか?

ダイエットのために脂肪を燃焼させたいと考えるなら、どのような仕組みで脂肪が燃焼されていくのか把握しておくとイメージがつきやすくダイエットの成功率も上がるかと思います。そもそも脂肪の役割とは万が一の時に備えて蓄えられているエネルギーの貯蔵庫みたいな役割で、体の中の栄養素が不足すると脂肪を燃焼させてエネルギーに変える特性を持っています。なので脂肪を燃焼させるためには体の中のエネルギーを空っぽにした状態で酸素を取り入れながら長時間行うランニングなどの有酸素運動をすることによって脂肪が効率的に燃焼されていきます。

筋トレをするメリットは?

f:id:kinmattyo:20190828174124j:plain

重量など扱う筋トレでは無酸素運動としての役割があり、筋肉を肥大化させるためには筋トレをする必要があります。筋トレをして筋肉量を増やすことによって基礎代謝を上げることができるので寝ているときやトレーニングをしていない状態でも継続的に消費してくれるカロリーの量が増えますので効率のいいダイエットを行うことができます。ただ、ランニングなどの有酸素運動と比べて消費するエネルギーが少ない特徴があります。

ランニングするメリットは?

酸素を取り入れるランニングなどは有酸素運動としての役割があり、脂肪を燃焼させる効果があります。ただ、筋トレなどの無酸素運動とは違い、ランニングを行っているときにしか脂肪が燃焼されないので長時間の運動を行う必要がありますが筋トレなどの無酸素運動と比べて消費するエネルギーは多くなります。

筋トレかランニングならどっちが痩せることができるのか

筋トレの無酸素運動とランニングの有酸素運動では運動することは同じですが、トレーニングをする目的や内容が異なってきます。筋トレなどの無酸素運動ではトレーニングをすることで筋肉を肥大科させることで基礎代謝が上がるので継続的に消費するエネルギーを増やすことができます。それに比べてランニングなどの有酸素運動では長時間、酸素を取り組むランニングなどの運動をすることで脂肪を燃焼させる効果がありますが継続して脂肪を燃焼させる効果はありません。

脂肪を落として痩せるためのトレーニングとは?

f:id:kinmattyo:20190903083749j:plain

かっこいい引き締まった体を作るなら脂肪を落とす必要がありますが、効率的に脂肪を落としていくなら筋トレなどの無酸素運動とランニングなどの有酸素運動を合わせて行うことで効率的に脂肪を燃焼させることができるので効果が期待できます。

痩せるためのトレーニングを行う順番は?

効率よく脂肪を燃焼させるためには、まずは体の中にあるエネルギーを消費してからっぽの状態にする必要があります。体の中のエネルギーを空っぽにしないと脂肪が燃焼しないため筋トレなどの無酸素運動をして体の中のエネルギーを消費してからランニングなどの有酸素運動をすることで効率よく脂肪を燃焼させることができます。ただ、筋トレ後のランニングなどの有酸素運動を長時間行う場合は注意点があります。ランニングなどの有酸素運動は脂肪を燃焼させますが、筋肉を分解する効果もありますのでせっかく筋トレをしてランニングしても筋肉量が少なくなれば基礎代謝が下がるので思ったほどの効果はでません。筋トレやランニング中には筋肉を分解させないようにBCAAやミネラルを摂取しながら筋肉が分解しないように意識していきましょう。

まとめ

効率よく脂肪を落として痩せるためには正しいトレーニング方法を理解してタイミングなども意識することで理想な体に近づけることができます。筋トレとランニングでは役割が違いますが、逆に筋トレとランニングを行うことで双方のメリット・デメリットをカバーしあえることにもなります筋トレのあとのランニングが1番効率よく脂肪を落として痩せれる方法かと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました