効果的にダイエットを行うためのチートデイとは?

スポンサーリンク
ダイエット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋トレやダイエットを効率よく!

筋トレやダイエットなどの減量期になかなか体重や脂肪が落ちないと思ったことはありませんか?そんな停滞期を乗り越えるチートデイとは?効率的に体脂肪や体重を落とすための食事や回数摂取するべきカロリーを把握して健康的にダイエットをしていきましょう。

チートデイを活用して効率よくダイエット

日頃から筋トレをしている人は常に鍛え抜かれたかっこいい体をもっと魅力的にしていきたいと考えている人も少なくはないと思いますが、減量を試みてもなかなかうまくいかなかったり食事やアルコールの誘惑に負けて余分な脂肪を落とさないと悩まれている人も多いと思います。

そんな停滞期に是非、取り入れていただきたいのがチートデイです。

減量期にチートデイを取り入れるだけで効率的にダイエットができますが、トレーニングもチートデイも過度にやりすぎると体調不良の原因になりますので無理をしないようにしましょう。

チートデイってなに?

チートデイとは、騙したり誤魔化す日という意味で、ダイエットを効率的にするために自分の体を1日だけ騙す日のことです。ストレスがたまったときにするやけ食いとは全く違うものなので注意してください。

減量期に停滞期にチートデイが必要

f:id:kinmattyo:20190829191916j:plain

チートデイが必要になるのは、減量期できなか体重や体脂肪が落ちない停滞期です。ダイエットを始めた時はスムーズに体重や体脂肪が落ちていきますが、一定の期間が過ぎると停滞期がくるので体の変化や脂肪の減少などの変化がなくなってきます。トレーニングや減量などで体が慣れてしまい、体が飢餓状態と勘違いしてしまい、スムーズに体重や体脂肪が落ちなくなります。そんな減量期の停滞期にチートデイが必要になってきます。

減量期の停滞期がなぜくるのか理解することが大事

チートデイに摂取する食事などのは後で説明していきますが、まずは減量期になぜ停滞期がやってくるのか原因を理解しておきましょう。人間の体は食事をすることで栄養素を摂取していますが、人間の体は生命を維持しようと防御線を張る性質を持っています。

トレーニングを行い、脂肪を燃焼していくと体が飢餓状態になっているよ!と勘違いをするので自然と防御線を張って消費エネルギーを抑えようとします。

結果、同じようなトレーニングや食事をしていても消費するエネルギーが減ってしまうので思い通りのダイエットが出来なくなるのが停滞期です。

早く減量出来るようにチートデイのコツとは?

f:id:kinmattyo:20190828174113j:plain

チートデイのコツは食事から

減量中の停滞期を乗り切るためのチートデイですが、せっかくの1日を何を食べたらいいのか迷いませんか?

チートデイというのは特にこれを食べなさい!と決められているものはなく、普段の食事以上のカロリーを摂取することができればチートデイの目標は達成します。かといってカロリーの過剰な摂取は逆効果になりますので自分の体重✖️40キロカロリーを目安にカロリーの摂取をしてください。

カロリーの計算さえ把握していれば、基本的には何をどれだけ食べても問題はありません。

我慢に我慢を重ねてダイエットをしていた自分自信のご褒美にガンガン好きなものを食べちゃってください!逆に、急にそんな食べれない!って方はチートデイの効果が期待できないのでおすすめはしません。また、カロリー計算をしないただの暴飲暴食はリバウンドの原因になるので注意が必要です。

チートデイは1日のみ!

チートデイの前後の日は必ず減量中の食生活を行い、チートデイは1日で終わらせるようにしましょう。1日で終わらず、何日もしてしまうとどんどん脂肪が蓄積されていくので目的ぐ変わってきます。

気持ちを切り替える

チートデイの1番の注意点かもしれません。ダイエットをして我慢に我慢を重ねて減量生活を行い、1日だけ好きなものを食べれるチートデイ。次の日も、、、って気持ちも分かりますが、チートデイが終われば気持ちを切り替えてダイエットを行いましょう。

まとめ

チートデイは減量期の生活になれた体に飢餓状態じゃないよ!と誤魔化す1日になりますので、全く違う食生活をしないといけないので気持ちの切り替えが成功への秘訣かもしれませんね!チートデイはあくまで停滞期をスムーズに脱するテクニックになるので無理をしない程度に行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました