プロテインでダイエット!?筋トレと合わせてすることのメリット

スポンサーリンク
ダイエット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロテインダイエットってなに?

あまり聞きなれないプロテインダイエットですが、食事の一部をプロテインに置き換えることによってするダイエット方法になります。もちろん、プロテインだけでは栄養素がかたよる可能性があるので置き換えるにしてもどの程度なら置き換えたらいいのか?など正しい置き換え方法にて正しい減量方法をお教えします。

プロテインダイエットとは?

体重を落としたり、脂肪を燃焼させるためには「摂取カロリー - 消費カロリー」で、消費カロリーが摂取カロリーを上回れば体重が減っていき、脂肪が燃焼していきます。効率よくダイエットを行うなら、食事量などの摂取カロリーと消費カロリーのバランスを把握することでかなりの確率でダイエットを成功させることができます。

体に必要な栄養素を考えながら、バランスのいい食事をとることが理想ではありますが現実問題、食事の量を抑えながら色々な栄養素を摂取することは難しいと思います。その栄養素のバランスを補填するためにプロテインを摂取するだけでも結果は変わってきます。

プロテインダイエットで食事の量を調節

メイン料理となると油分が多い食事が多くなると思いますが、ダイエットを行う上では油分などの揚げ物は少なくする必要があります。だが、メイン料理では他の栄養素でもあるタンパク質やビタミンやミネラルなども多く含まれるためバランスよく摂取する必要があります。

 タンパク質とはどんな役割?

タンパク質は体を作るのに必要な栄養素になります。なので筋肉を大きくしたりするのに必要な栄養素となり、不足すると筋肉が小さくなったり免疫力が低下したり体調不良の原因にもなるのでタンパク質が不足しないように摂取しましょう。

ビタミンとはどんな役割?

ビタミンの役割は摂取したタンパク質、炭水化物、脂質などを吸収するのにサポートする役割がありますのでタンパク質を合わせて摂取することで相乗効果を得られます。

プロテインの必要性

バランスよく栄養素を摂取するには食事だけですとなかなか難しく、食事の量を減らしながらプロテインでタンパク質を補う方法がバランスが取れやすいです。

 特に主食となるご飯、パン、麺などは意識して減らすのが理想です。ちなみにご飯一杯のエネルギーを運動で消費しようとするとエアロバイクで30分くらい運動する必要がありますのでタンパク質の多い豆腐やカロリーの低いこんにゃくなどで置き換えても効果はあります。

併用して運動することが大切

食事制限を行い、プロテインで栄養素のバランスを補っても肝心な筋トレをサボってしまうと消費カロリーが増えていかないので、もちろん筋肉の成長もしないし基礎代謝が上がらないためダイエットに成功する確率が低くなってきます。

 また、運動や筋トレを継続して行うことで、リバウンドしにくい体を作ることができるので習慣的に筋トレや運動をするようにしましょう。

プロテインを置き換えるものとは?

食事をするときに美味しいものほど脂質や炭水化物が多く含まれている物が多いのでそれを全て我慢してしまうとストレスになりますし継続することが難しくなってきます。

 なので、好きなものは我慢せず、量を減らしながらダイエットにチャレンジしてみてください。そして1番NGなのは間食です。お腹が減って我慢できない場合、間食の代わりにプロテインを置き換えることでも効果はあります。最近ではノンカロリーの食品なども増えてきていますので、どうしても我慢できないときはノンカロリーの食品で置き換えダイエットしてもいいかと思います。

まとめ

プロテインを飲んでダイエットしていても減量することはできません。大事なのはバランスの取れた食事をし、炭水化物や脂質を取りすぎないようにタンパク質を多めに摂取することです。また、筋トレや運動を併用しながらすることで筋肉の成長はもちろんリバウンドしにくい体が出来るので是非、頑張ってみてください。無理をしすぎるとストレスとなりますのでその時はノンカロリー食品などで置き換えて筋トレをダイエットを継続して行うことがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました