ダイエットには【筋トレ×有酸素運動が最強!】

スポンサーリンク
ジョギングでダイエットダイエット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋トレと有酸素運動でダイエットをする理由

体を引き締める為に筋トレを週に2〜3回ジムでトレーニングしたり、ダイエットをしている方はウォーキングやジョギングを毎日行ってたりして運動をしているかと思いますが、どうせダイエットするなら最大限の効果を出していきたいと思いませんか?

バランスよく無酸素運動と有酸素運動を取り入れることで無理なく脂肪を燃焼させながら効率的にダイエットすることが出来ます。

ダイエットするには筋トレと有酸素運動が最強!

よくダイエットをするのにジョギングやウォーキングだけ取り組んでいる方がいますが、ジョギングなどの有酸素運動だけでは効果的なダイエットはできず、むしろ痩せにくい体になってしまうのはご存知ですか?

せっかくトレーニングをするのなら有酸素運動と無酸素運動のメリットデメリットを把握して効果的にダイエットに取り組みましょう。

有酸素運動とは、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳など体内に酸素を取り入れて脂肪や糖質を燃焼していく運動のことを言います。

無酸素運動とは、短距離走、ダンベルなど筋肉に負荷を与えることで筋肉量を増やして基礎代謝を上げる運動のことを言います。

筋トレの無酸素運動をするメリットとは?

筋肉は筋肉トレーニングである無酸素運動をすることで筋肉に負荷をかけ、筋肉の破壊と修復を繰り返すことで筋繊維が太くなり筋肉が発達していきます。

筋肉量が増えてくると基礎代謝が上がってくるので、運動とか何もしなくても勝手に消費されるカロリー量が増えてきます。

無酸素運動は有酸素運動と比較すると短時間では脂肪燃焼する効果は低いですが、長時間において脂肪を燃焼する効果があります。

太りにくい体をつくるには

有酸素運動であるウォーキングやジョギングなどはいつでも始められる事や気軽にできることがメリットとしてあり、瞬間的に脂肪を燃焼させる効果がありますが、リバウンドしない太りにくい体を作るには有酸素運動と無酸素運動の両方をバランスよく行う必要があります。

なぜかと言うと、無酸素運動では筋肉の負荷をかけることで筋肉量が増えて基礎代謝が増えるので、何もしなくても消費されるカロリーが増えるので、痩せやすい体を作るには無酸素運動は必須でダイエットには最適だと言われています。

ジョギングをして脂肪を燃焼させるタイミング

ダイエットのためにジョギングだけしていてもなかなか脂肪は燃焼されないことはご存知ですか?人間の体は温まっていない状態で運動をしてもなかなか脂肪だけ燃焼させることが出来ないのです。

ダイエットのために脂肪を燃焼させる理想のトレーニングとしては、筋トレなどの無酸素運動を1時間ほどトレーニングして、ジョギングなどの有酸素運動を20〜30分することで脂肪が燃焼しやすい状態となり、効果的にダイエット効果が出やすくなります。

睡眠の重要性

ダイエットをする上で運動や食事にばかり注目されがちですが、実はダイエットと睡眠は大きな関わりがあります。

睡眠中は脂肪を分解したりエネルギーにしようとするホルモンが発生しますが、睡眠時間が不足してくるとこのホルモン量が不足し、結果的には太りやすい体質になるのです。

睡眠不足だと勉強、仕事、トレーニングにおいても集中力の低下にも繋がるので怪我の原因にもなります。ダイエット中ほど規則正しい生活をして十分な睡眠時間を確保しましょう。

運動をしない過度な食事制限はNG

たまに運動やトレーニングをせずに、食事制限だけでダイエットに挑戦している方がいますが、食事制限だけで筋トレや運動をしないと健康的にダイエットすることはできませんしリバウンドすることになりなねません。

食事を意識するなら量より質を見直して、脂質が多い食べ物を避けて、タンパク質を豊富に含んでいる食品を積極的に摂取していきましょう。

それだけの工夫だけでもダイエットの効果としては出てきますよ。

タンパク質、脂質、炭水化物を意識しながら高タンパク低脂肪の食品や食べ物を摂取するだけでも見てわかる効果が出てきますので是非挑戦してみて下さい。

まとめ

ダイエットを効果的に行うには正しいトレーニングやダイエット方法を把握する必要があります。目的に合ったトレーニングをしないと思ったほどの効果が期待出来ませんので努力が水の泡になってしまいます。食事や睡眠はもちろん、筋トレなどの無酸素運動をしてからのジョギングなどの有酸素運動を行うことで効率よく筋肉を増やすことができ、脂肪を燃焼させることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました