【筋トレ効果倍増】アミノ酸であるBCAAを摂取するメリット

スポンサーリンク
BCAAの効果プロテインやサプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

BCAAとはなに?筋トレをして筋肉を付けるならアミノ酸が重要

筋トレをしている方ならBCAAって聞いたことがあるかと思いますが、スポーツドリンクや様々な飲食物に配合されていますが、今回はBCAAの基本からおすすめの飲み方まで説明していきます。

BCAAとは?

トレーニングを行うと脂肪より先に筋肉を分解してエネルギーとして使おうとするのでそれを防止するのに役立つのがBCAAの役割です。人間が生きていく上で必ず摂取しなければいけない栄養素でバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類のアミノ酸は筋肉の代謝や合成に深く関わりがあります。

BCAAの役割

BCAAは筋肉中のタンパク質の分解を抑える役割があり、筋肉の合成にもサポートしている栄養素で運動時にはエネルギーとしても使用されるマルチなのです。筋トレをすると筋肉に蓄えられている糖質や脂肪を分解してエネルギーとして使われますが、不足すると違うとこからエネルギーを生み出そうとします。

BCAAは筋肉のタンパク質を分解して筋肉を構築するのでどうしても不足しがちな栄養素になり、筋肉の破損や筋トレ効果が思うように得られない可能性があるので注意が必要ですが運動中にBCAAを摂取することで筋肉の分解を防止して筋トレ効果が高まる可能性だ高いと言われています。

BCAAに入っているイソロシンが筋肉を構築する役割がある

筋肉のタンパク質を構築しているアミノ酸の中でも、タンパク質の中のアミノ酸が占める割合は約35%と言われており、イソロシンは筋トレなどの運動パフォーマンスの向上やトレーニング効果を最大限得るためにはBCAAは大切な栄養素の1つとなります。

BCAAの中の栄養素の優先順位

BCAAが多く含まれているタンパク質の代表となるのはホエイタンパク質になりますが、BCAAはロイシン、イソロシン、バリンの順に高い栄養素が含まれています。

BCAAを摂取するタイミング

運動前

長時間の運動をするウォーキングやランニングは糖質からのエネルギーが不足してくるのでエネルギーを得ようとするので運動前にはBCAAを摂取して血液中のBCAAを増やしておく必要があります。

運動後

筋トレではトレーニング後の筋肉の修復をどう行うかが筋肉肥大化のポイントになります。筋トレ後はエネルギーの吸収率が高くなっているのでタンパク質の合成率が上がっている状態なので運動後にBCAAを摂取することがおすすめです。

まとめ

長時間運動する前や筋トレが終わった後にBCAAが配合されているプロテインやドリンクやサプリなど自分にあった栄養補助食品で補うことで効率よく筋トレ効果を得ることが出来ます。バランスの取れた栄養素をとることで理想の体を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました