【効果絶大】縄跳びでのトレーニング効果!

スポンサーリンク
縄跳びでダイエットダイエット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

縄跳びが初心者でもできる最強の全身トレーニング

生活習慣などでため込んだ脂肪を燃焼させるためにトレーニングジムに申し込みをして運動を始める方も少なくはないと思いますが脂肪を燃焼させるためには継続した運動や食事制限を意識する必要があります。ですが、トレーニングジムにて継続した運動を行うためには時間やお金がかかってくるので途中で通うことを辞めてしまう方も少なくはありません。そんな方には運動初心者でも自宅で簡単に運動が出来る縄跳びトレーニングをおすすめします。

縄跳びでの消費カロリーはどれくらい?

縄跳びは心肺機能の高めるトレーニングとしてはかなり効果的と言われており、1日で数分運動するだけで筋トレや脂肪燃焼効果が極めて高く、体が引き締まってくる運動です。

どのくらい効果的かというと、毎日30分ジョキングしている方と1日に10分縄跳びをしている方との心肺能力の向上数は同じくらいとのデータもあるほどです。
上下にジャンプして行う縄跳びトレーニングですが、ジョキングやウォーキングと比較しても極めて効率のいいトレーニングと言えます。

縄跳びでゆっくり運動を行うことは、ジョキングで言うと約1.6キロを8分間で走る同等の運動量があり、体への負担が少ない特徴があります。

さらに、水泳などと比較しても1分間あたりにより多くの消費カロリーを得ることが出来るので筋肉の増加や脂肪燃焼効果が期待されます。

縄跳びは筋トレだけではなく、ダイエット効果もある最強のトレーニング方法なので昔からプロボクサーなどが行っているトレーニング方法でもあります。

尚且つ、筋肉トレーニングというと「~~の部位に効く」といった筋トレが多いですが、縄跳びに関しては全身鍛えることが出来、心肺能力を向上させる効果までありますので、上半身と下半身を同時に鍛えることができてさらに短時間で多くのカロリーを消費できるので脂肪が燃焼しやすいトレーニングなのです。

縄跳びトレーニングの効果は?

縄跳びトレーニングは飛び方を変えることで全身くまなく色々な筋肉を鍛えることができまます。上半身、下半身、体幹、肩、ふくらはぎなどに強く負荷を与えることが出来ますし心肺能力も同時に向上できるトレーニングです。

縄跳びトレーニングを今から始める初心者の方へ

縄跳びは気軽に始めることが出来る最強のトレーニングです。まずは自分にあう縄跳びを手に入れて習慣となるトレーニング期間を探しましょう。

最初はシンプルな前飛びから始めてみましょう。慣れてきたら後ろ飛びやクロスさしての縄跳びトレーニングをすることで、全身を鍛えることが出来ますので筋トレ効果が期待できます。

ここまで効果的な縄跳びトレーニングですが、始めるにはスペースや予算やスキルなど特に用意するに苦労するものはありません。自分自身で縄跳びトレーニングをやりやすく習慣にできる場所で行うのが理想と言えます。

縄跳びトレーニングは色々な飛び方がありますが、3分ごとに飛び方を変えて15分を目安いにトレーニングを行うと筋トレ効果が期待できます。

ジャンプロープ サーキットのやり方

ボクシングと同じく、3分間のラウンドと各ラウンド間1分のブレイクを組み合わせます。何ラウンドを行うのかを決めますが、最低でも3ラウンド、1分間のブレイクを交えて跳び続けます。

  • オルタネート ハイニーズ(腿上げ駆け足跳び)
  • シングルレッグ ジャンプ(片足跳び)」
  • レギュラー スキッピング
  • トゥーフィート ジャンプ(両足跳び)
  • サイドトゥサイド ジャンプ(横振り跳び)
  • クリスクロス(あやとび)
  • ダブルアンダー(二重跳び)

切り替えながらクリエイティブに、そして、止まらないように頑張ってください。
※トレーニング時間:12分が目安
 
各ラウンド最後の30秒は、ダブルアンダー(二重跳び)、ハイニーズ(腿上げ)、そしてクリスクロス(あやとび)のフォーメーションで、激しさとスピードを追求しましょう。失敗しても、継続あるのみです!

「私も完璧なわけではないので、失敗してしまうことも当然あります。そんなときはとにかく、そのままつま先で跳び続け、流れに戻りやすい状態を維持しています」と、マエストレ氏は最後に教えてくれました。

https://www.esquire.com/jp/menshealth/fitness/a179257/lifestyle-health-jumpingrope18-0328/

縄跳びの種類

最近では様々な環境でも縄跳びトレーニングが出来るようにいろいろな縄跳びが販売されています。継続してトレーニングを行うためにはトレーニングしやすい環境や自分になった縄跳びを準備しておくと続けやすくなります。

まとめ

昔は縄跳び自体も紐だけのものが普通でしたが、最近では室内用の紐がない縄跳びや長さが調節できる縄跳びなど色々な縄跳びが販売されているので自分にあったものを選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました