【下っ腹お腹を解消できるダイエット】簡単なトレーニングでお腹をぺったんこに

スポンサーリンク
ぼっこりしたお腹を筋トレダイエットでなくすダイエット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ぽっこり下っ腹を筋トレでぺったんこにするダイエット方法!

ダイエットをしたい!と考えている方の問題点とし1番多い理由として上げられる「ぼっこりしたお腹をなくしたい」1番脂肪を燃焼したい部位であるお腹ですが、なかなか思うよにお腹がへっこまないと思ったことはないですか?特に30代くらいから接待などのお酒の席が増えたり生活習慣などによるお腹が出てきたとお悩みの方は必見です。お腹をへっこましてスリムな体を手に入れましょう。

下っ腹が出てくる原因とは?

お腹の脂肪の燃焼させるためにダイエットを始める方に1番多いお悩みが「ぽっこりしたお腹をなくしたい」とのご意見が多いと思いますが引き締まったスリムな腹筋にするためには筋トレはかかせません。筋トレを始める方はまず、腹筋からトレーニングする方も多いと思いますが、やはり気になるお腹から痩せたいと思われていると思います。やはり、せっかくダイエットするなら結果が出た時にわかりやすいお腹の見た目から痩せていきたいですが、下っ腹はお腹の部位でも鍛えにくくて脂肪が落ちにくい場所になります。そんなあなたに下っ腹が出てくる原因を把握して、下っ腹がぽっこりとならないように対策していきましょう。

 お腹が出る原因は何なのかというと、端的に言えば、お腹を引っ込める筋肉を「使えていない」または「使っていない」からです。

https://diamond.jp/articles/-/204889

腹筋のインナーマッスルの筋肉量が低下している

インナーマッスルの低下

下っ腹がぽっこりとなっている原因としては、腹筋の中にある深層筋という体の中心に近いインナーマッスルの筋力が衰えている可能性があります。この深層筋のインナーマッスルが衰えてくると、内臓を支えることが出来ないのです見た目的にも下っ腹がぽっこりとしてくるので内臓下垂とも言われています。下っ腹を無くすためには、インナーマッスルを鍛えて内臓を元の位置に戻すことでぽっこりとした下っ腹は解消することができます。また、インナーマッスルの筋力低下は猫背の原因にもなりますのでインナーマッスルを鍛えることで下っ腹を無くすこともでき、姿勢も良くすることができるので一石二鳥です。

骨盤が歪んでいる

お腹がぽっこりと出てしまっている原因は、骨盤が歪んでたり開いている方の多いと言われています。骨盤が歪んでいると内臓が下に下がってくる可能性がありますので、骨盤の歪みや開きを解消することでぽっこりお腹が改善出来る可能性がありますが、自分では分かりにくいと思いますので気になる方は整体などで診察してもらうことをおすすめします。

皮下脂肪と内臓脂肪が原因

脂肪が原因

お腹の脂肪が気になる方は皮下脂肪と内臓脂肪を落とすことをおすすめします。同じお腹の脂肪と言っても皮下脂肪と内臓脂肪とに分かれており、それぞれで特徴や落とし方などが異なってきます。

皮下脂肪は特に女性がつきやすい脂肪ですが、溜まってしまうとなかなか燃焼しにくい脂肪です。効果的に皮下脂肪を燃焼させるためには、体の中のエネルギーを消化してからではないと脂肪が燃焼しないので、筋トレを行って体の中のエネルギーを消化してからジョキングなどの有酸素運動をするようにすると比較的、皮下脂肪が燃焼しやすくなります。

内臓脂肪は男性に溜まりやすい傾向があり、食べすぎや運動不足などの生活習慣が原因の可能性があります。内臓脂肪はつきやすい脂肪ですが、燃焼しやすい性質があるので運動を定期的にきちんと行うことで内臓脂肪の蓄積を解消されます。

皮下脂肪や内臓脂肪は食事や生活習慣で蓄積されていく脂肪なので、筋トレなどの無酸素運動やジョキングなどの有酸素運動を定期的に行うことで脂肪の蓄積が解消されますのでお腹の脂肪が気になる方は習慣的なトレーニングを行いましょう。

効果的に脂肪を燃焼させるために無酸素運動をしてから有酸素運動を行うことを意識しましょう。

お腹が冷えてむくみやたるみの原因に

長時間ズボンなどを履いていると、体にくっきりとあとが残るときがある方はお腹が冷えやすい体質の可能性が高いです。その場合は、体温を上げることが効果的なので筋トレをすることによって筋肉量が増え、基礎代謝が上がることで冷え性の改善をしていきましょう。

お腹が出ているのは腸内環境が原因

腸内環境

ぽっこりお腹の原因としては便秘ぎみの方も多くいらっしゃいます。特に寝る前に食事を取ってたり食べ過ぎていると腸内環境が乱れてきますので規則正しい食生活をするようにしましょう。

短期間でぽっこりお腹を解消する方法

自分に該当する項目はありましたか?もし実行してみてもぽっこりお腹が改善されない場合は、解決策が間違っている可能性があります。ぽっこりお腹を引き締める運動をすることでスマートなお腹を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました